風土倶楽部とは?

風土倶楽部の歩み

風土倶楽部は、次の世代によりよい自然と暮らしを伝えたい、残したいと取り組んでいる各地のNPOや生産者によるネットワーク「ローカル・ジャンクション21(LJ21)」から生まれました。LJ21は、2003年5月に日本各地で持続可能な地域づくりをサポートしている民俗研究家、編集者、NPOのリーダー、地域づくりのコンサルタントなどが中心になって立ち上げたNPOです。
新しい暮らしの豊かさのモデルを私たちのふるさとである日本の農山漁村に学び、都市と農村が支えあう「農的暮らし」をともに創ることを目的として活動する中から生まれたのが株式会社風土倶楽部です。

2003年5月 NPOローカル・ジャンクション21準備会設立

2004年1月~本格稼動開始
2004年~2006年 農水省提唱・社団法人農山漁村文化協会主催ニッポン食育フェアに出店
2004年度経済産業省環境コミュニティ・ビジネスモデル事業に採択
2004年7月 有限会社ふうど.comを設立
2007年8月 社名を株式会社風土倶楽部に変更
2008年3月 風土倶楽部ネットショップの開設

NPOローカル・ジャンクション21

LJ21は、風土倶楽部の誕生をもって役割を終え、現在は活動を停止しています。

LJ21の活動の一つとして2005年8月8日に設立した東京はちみつクラブは、風土倶楽部の倶楽部活動として受け継がれ、2010年1月に名称をみつばち百花に変更し、NPOとしてあらたに歩みはじめました。風土倶楽部は、事務局を担っています。